独学でFP2級合格への道のり【ライフプランニングと資金計画】

こんにちわ!
先日、FP2級の試験の申し込みをしました
一月前に直近3回分の学科試験の過去問にチャレンジしましたが、
正答率は50%程度でした

先々週、今週と再度過去問にチャレンジしました

過去問を解いた結果

同じ問題をやってるので10〜20%程度正答率がアップしました
最新の過去問の3回目の正答率は70%くらいになってます

予想した通り、3回目または4回目には問題の一定数を覚えてしまいますね

問題集を解く

一週間くらい前から少しづつ問題集を解いています
今週はライフプランニングと資金計画の単元をやってます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

史上最強のFP2級AFP問題集20-21年版 [ 高山一恵 ]
価格:2178円(税込、送料無料) (2020/12/15時点)


ライフプランニングと資金計画

  1. FP業務の基礎
  2. 住宅取得のプランニング
  3. 教育資金のプランニング
  4. 健康保険
  5. 労災保険と雇用保険
  6. 国民年金
  7. 厚生年金
  8. 障害•遺族給付
  9. 企業年金と個人保険
  10. 企業の資金調達

こちらの10項目となります

FP業務の基礎

こちらの科目は一般的に知らせていない部分と思います
ただFP3級と同じ内容です
一般的な助言、個別具体的な助言のどちらか?が、
問題を解くポイントなので易しい科目な印象です

住宅取得のプランニング

主に住宅ローンについてとなります
フラット35の具体的な内容もありますし、
ローン借り換えについてです
実際に家を購入した方だと馴染みがありますが、
ご自身が購入した時と違う点もあるのでお気をつけ下さい

教育資金のプランニング

奨学金と学資(こども)保険についてです
奨学金の種類が3つありますので、
それぞれの違いがわかると完璧です
学資(こども)保険は、
他の保険との違いや特徴についてです

 



健康保険

国民健康保険や公的介護保険から
高齢者の公的医療等、いくつかあります
細かい部分を問われる印象です
ただその分内容は難しくないので、
頑張って暗記しようと頑張ってます笑

労災保険と雇用保険

この2点の基本的な内容を問われます
労災保険の何となくのイメージ通りですが、
半分以上知らない事が多かったです
ただ何となく自身の常識に当てはめれば、
結構正解出来ました

国民年金

厚生年金

厚生年金概要と老齢厚生年金がメインになります
何歳まで加入か、保険料率の18.3%、
老齢厚生年金は男性だと1961年4月2日以降は支給なし

障害•遺族給付

遺族厚生年金や障害給付の内容です
個人的に私は非常に苦手です
基礎年金と厚生年金があり、
遺族、障害、老齢の3種類の組み合わせ

一つづつ覚える事と違いをはっきりさせていく必要あります

 



企業年金と個人保険

確定拠出年金、
国民年金基金、
中小企業退職金共済の科目です

非課税や加入者などをそれぞれ問われます

企業の資金調達

株式と社債の発行それぞれの相違点、
金融機関からの資金調達する手段、
直接金融と間接金融の相違点、
この辺りを中心に問われます

 



まとめ

ライフプランニングと資金計画は、
自身のために知識が付く点もありました
家の事や退職金や年金、
生きていく上で重要で知る必要ありますね

また別の単元について学習したらまとめていきます!

読んでいただきありがとうございました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

史上最強のFP2級AFPテキスト 19-20年版 [ 高山 一恵 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2020/12/15時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました