【5科目】FP2級〜独学で合格するまで【④タックスプランニング】

こんにちわ!
今年9月に独学でFP3級合格しました
今は来年1月のFP2級合格に向けて独学で勉強中です

同じく独学で勉強中の方や、
これからFP2級の試験受けようかなと思っている方へ
単元ごとに良く出る内容についてまとめました

使っている問題集はこちらになります



所得税と所得金額

所得税の基礎知識

計算期間や納税義務者など基本的な仕組みを問われます

3つの方法
総合課税:複数の所得をまとめて課税
申告分離課税:他の所得と分けて税額を計算する
源泉分離課税:一定税率で税金が差し引かれる

課税所得…所得税の課税対象になる金額
総所得金額ー所得課税額

超過累進課税…総合課税の所得税の計算で採用
課税所得金額が多くなる=税率が高くなる

所得税…納税者本人が1/1〜12/31の期間に得た所得の税額を計算し、
本人が納付する申告納税方式
納税義務者は日本の居住者に限らず、
非居住者でも日本国内で生じた所得に限り納税義務を負う

給与所得・退職所得

給与所得

給料はもちろん、
商品・土地建物の無償で譲り受けや借り入れも対象

・給与所得者の特定支出控除…
交通費・資格取得費などの支出合計額が、
給与所得控除額の半額を超える場合、
給与所得控除額後の所得金額から超える部分の金額を差し引ける

・通勤手当は月額15万円、出張旅費は非課税

退職所得

退職所得=(収入金額ー退職所得控除)×1/2

「退職所得の受給に関する申告書」を提出したら確定申告不要
提出しない場合、退職金の20.42%相当額が源泉徴収される

・退職所得控除額の算出
勤続年数20年以下…40万円×勤続年数〜20年で800万円
勤続年数20年超 …800万円70万円×(勤続年数-20年)
※勤続年数1年未満は、切り上げて1年にする

・確定拠出年金の老齢給付金
年金受給:雑所得
一時金受給:退職所

他の所得から控除しきれない所得控除額があった場合、
確定申告をしてその控除しきれない金額を
退職所得の金額から控除出来る

不動産所得・事業所得

事業的規模・必要経費・減価償却が多く問われます

不動産所得

・事業的規模…アパート等は室数が10室以上、独立家屋は5棟以上の貸付
ただ不動産の貸付による所得は、事業的規模に関わらず不動産所得で、
総合所得の対象

・固定資産税の必要経費対象:賃貸部分のみ
自己の居住用は対象外

事業所得

・事業所得…様々なあらゆる事業による所得で総合課税
土地建物の不動産売却は譲渡所得

・個人事業税…個人事業主納付分は全て必要経費に算入
・減価償却…基本、定額法
定率法にしたい場合、
「所得税の減価償却資産の償却方法の届出書」を提出

・少額減価償却資産…使用期間1年未満か、取得価額10万円未満
全額必要経費として損金加入出来る

 



総所得金額と所得控除

損益通算と繰越控除

例外が頻出されています
・不動産所得のうち土地の借入金の負債利子
・株式等の譲渡損失

損益通算

不動産所得・事業所得・山林所得・譲渡所得で生じた損失を、
他の所得の利益から控除する事

さらに所定の順序に沿って行うと、退職所得と損益通算出来る

・不動産所得の損失
建物の取得に要した借入金の利子:損益通算出来る
土地の取得に要した借入金の利子:損益通算出来ない

・土地建物の譲渡損失
一定の居住用財産以外損益通算出来ない
賃貸用の建物も損益通算出来ない

・上場株式の譲渡損失
上場株式等の譲渡所得とであれば損益通算出来る
非上場株式の配当所得とは損益通算できない

繰越控除

青色申告者以外も適用を受けられる

・雑損失
災害や盗難での損失
青色申告者に限らず、翌年以降3年間にわたって
繰越控除の適用を受けられる

・上場株式の譲渡損失
確定申告する事で翌年以後最長3年間にわたって
繰越控除が出来る

配偶者控除

  • 納税者本人と生計を一にしている配偶者
  • 青色申告者、白色申告者の専業専従者ではない
  • 配偶者の合計所得金額48万円以下(収入103万円以下)
  • 納税者本人の合計所得金額1000万円以下

控除額最高38万円

医療費控除

控除内容

  • 最高200万円控除される
  • 確定申告が必要
  • 医薬品の購入費も対象

対象外

  • 自家用車のガソリン代
  • 駐車場代・タクシー代
  • 入院時の身の回り品の購入費
  • 人間ドック(重大な疾患発見&治療を行った場合は対象)

・医療費控除額=医療費ー保険金等での補てん金額ー
総所得金額5%相当か10万円の低い方

税額控除と申告

住宅借入金等特別控除

いわゆる住宅ローン控除は全体2位の項目です

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)

  • 適用床面積50㎡以上、床面積の1/2以上が自己の居住用
  • 償還(返済)期間は10年以上の分割返済
  • 合計所得金額が、3000万円以下
  • 住宅取得日から6ヶ月以内の入居
  • 控除を受ける年の12/31まで入居
  • 控除率1.0%

・転居した場合は適用を受けられない
ただし家族が居住や本人が再入居したら適用を受けられる

確定申告

確定申告が必要なケース

  • 給与等の金額が2000万円超
  • 給与・退職所得以外の所得が20万円超
  • 住宅ローン控除の初年度
  • 雑損、医療費、寄付金控除を受ける
  • 配当控除を受ける

・年末調整後に発見した保険料の控除証明書があった場合、
確定申告で控除適用が出来る

・翌年2/16~3/15の間に行う

・所得税の延納は確定申告し、
納付税額の1/2以上の額を期限内に納付が必要

青色申告

青色申告書の提出で特典を受けられる所得

  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 山林所得

最大55万円の控除が可能
不動産所得は事業的規模のみ

生計を一にしてなくて、労務の対価として相当と認められるものは、
全額が必要経費になります

・純損失は翌年以後3年間繰り越して控除が出来る

・青色専従者給与の必要経費へ算入したら、
配偶者特別控除・扶養控除との併用は出来ません

 



・貸借対照表・損益計算書等の帳簿書類は7年間保存が必要

・新規法人の青色申告承認申請書の提出期限は、
設立から3ヶ月以内か一期目の事業年度終了の、
早い方の前日

・1/16以後に新規事業開始した場合、
青色申告承認申請書の提出期限は、業務開始日から二ヶ月以内

法人税

法人税の損金算入

算入・不算入の整理する事が大切です

交際費…原則、不算入
ただ資本金1億円超の場合は、接待飲食費支出額の50%が損金算入可能
飲食費1人5000円以下であれば交際費に含まれない

・法人事業税は損金算入可能
・法人住民税は損金不算入
・印紙税は損金算入可能
・交通違反金は損金不算入
・役員退職給与は損金算入可能(不相応な高額部分は除く)
・利益連動給与は同族会社では損金不算入

・少額減価償却資産…取得価額10万円以下か1年未満の使用可能期間

・建物の減価償却…定額法(1998年4月1日以降取得)
選定の届出していない、上記以前取得の場合は、定率法

会社と役員の取引

・会社所有社宅に役員が無償で住居している場合は、
役員の給与所得として所得税が課される
・役員所有土地を会社に無償で譲渡した場合は、
益金算入される
取得価額:時価
受増益:時価-売買価格

・役員が会社に無利息で金銭の貸付しても、
利子がないので所得税は課されない

決算書

・売上原価=期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高

・法人税確定申告書…損益計算書の
所得金額または欠損金額を算出する明細書

・株主資本等連動計算書…貸借対照表の純資産の変動状況を表すもの

・キャッシュフロー計算書…一定会計期間における資金の増減を示す書類

・自己資本率…総資産に対する自己資本の割合

消費税

消費税の課税・非課税

非課税取引が重要です

消費税は間接税です
消費税の課税対象になる不課税取引
例:自己の生活用車両譲渡
課税の対象としてなじまない非課税取引
例:土地・借地権の譲渡・貸し付け、
更地の譲渡、
国債や株式等の有価証券の譲渡、
もあります

対価を受け取る取引:課税取引

例:住宅の譲渡、土地譲渡に係る仲介、
非住居用建物の貸付

消費税の基準期間と納税義務

基準期間、課税売上高1,000万円以下のの事業者の件が重要です

基準期間

個人の場合:前々年度
法人の場合:前々事業年度

・前々事業年度の課税売上高が1,000万円以下:今年の納税義務免除

・消費税課税事業者選択届出書…届出提出後2年間は、
強制的に課税事業者になります
前々事業年度の課税売上高が1,000万円以下でも納税義務免除になりません

・特定期間…法人は前事業年度の前半6ヶ月、
個人事業者は前年の1/1〜6/30
給与等支払額と売上高がどちらも1,000万円を超える法人は、
免税事業者になれない

・基準期間のない新設事業者…資本金か出資金が1,000万円以上なら
当初2年間は課税事業者

消費税の計算と申告

・消費税簡易課税制度…一定のみなし仕入率を用いて計算する制度
課税売上高が5,000万円以下の法人、個人事業主
課税売上に係る消費税額-(課税売上に係る消費税率×みなし仕入率)

・みなし仕入率…事業者の業種を6つに区分した仕入率

中間申告…直前の納税期間の税額が48万円を超える事業者は必要

まとめ

法人の事が多く出題されており、
一般のサラリーマンには中々馴染みがないものが多いです

各科目で出題が多いものに着目して、
集中して学習した方が良いと思ったので、
頻出のみにしてまとめてみました

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました