【日商簿記三級】就職に役に立たない?簿記の資格取得メリット解説!

簿記

簿記三級が就職に役に立つのか?について解説する記事になります。

こちらを読んでいただければ
簿記三級が就職に活かせるか、
活かせないかがわかります。

結論は、

・正直、就職に直結させるのは難しい。
・簿記三級+実務のセットだと簿記二級が視野に入るので、
 経理系にはうってつけの資格。
・全社会人を対象にスキルアップ出来るコスパの高い資格。

順を追って解説していきます。

簿記三級のレベル

ビジネスパーソンの必須の基礎知識になります。
つまり全社会人が取得しておくべき資格です!

また就活生や就職を控えた人も
取得しておくメリットが多い資格と言えますね。

取得のメリット

①会計の基礎知識がある証明

先ほど紹介した簿記3級レベルにあるよと、
証明出来ますよね?

つまりビジネスパーソンとしての基礎知識を
持っている証拠となります。

また会計の基礎知識はどこの企業でも、
どこの部署でも活きる知識です。

経理系以外の人でも学んでおいて損は無いです!

②学ぶ習慣がつく

簿記3級に合格するには、
適切な学習期間と学習時間を確保する必要があります。

試験に合格したという事は、
計画通りに継続的に学習出来たという事です。

つまり中長期的に継続して学習する習慣が、
簿記3級の受験を通してついた証拠です。

③仕事上、役に立つ

・お金の使い道・出どころがわかる
・取引先の判断スキルが身に付く
・利益を出す工夫に繋げられる

更に投資先の判断スキルが身に付くので、
個人で行っている株式投資等のレベルも上がります!

④資産形成しやすい

マイホームは?自動車は?

普通は資産と思いますよね?
ただ簿記会計上だと負債になる事もあります。

・資産とは?
売却価格-ローン残額=プラスなもの

【例】
・持家売却価格3千万円-ローン残額2千万円=1千万円
・車両売却価格50万円-ローン無し=50万円

負債とは?
売却価格-ローン残額=マイナスなもの

資産のケースの逆ですね。

【例】
・持家売却価格1千万円-ローン残額2千万円=マイナス1千万円
・車両売却価格50万円-ローン100万円=マイナス50万円

数字を基に考えるのが簿記です!

筆者
筆者

イメージではなく、
本質で把握出来る!

就職に役に立つのか?

経理関係の場合

簿記三級レベルだと即戦力になるのは、
正直難しいかもしれません。

しかし基礎知識を習得してるので、
実務をこなしつつ簿記二級へチャレンジ出来る時点で、

少し先を考えると良い状態と考えられます。

入門編としては最適!

経理関係以外

残念ですが自分の成績や給与に直結はしません。

ただ前述した通りで会社のお金の流れがわかる事で、
自分の仕事に対しての考え方が、
簿記を知らない他の人と変わりますよね?

つまりお金に対して適切な考え方が出来、
さらに思考の幅が広くなる事で、
間接的に自分の仕事にプラスになる場面があります。

まとめ

解説は以上になります。

簿記三級を持ってる=就職出来る、
とまで言うのは厳しいと思います。

しかし様々な視点で考えると、
就職後や自己の考えに好影響を与える資格と言えます。

たかが簿記三級、されど簿記三級。
社会人なら決してコスパ悪くない自己投資なので、
気になる人は是非勉強してみてください!

読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました